母を片づけたい第4話※ネタバレあり

母を片付けたい 母を片づけたい

あらすじ

何しろ家ではまともな食事が摂れないので、特に弟は給食と、そして友人宅で出される食事が命綱です。

「夏休みが終わるとやせこけている」「いつも同じ物を着ている」と言うのは虐待児の典型的な特徴ですが、この弟が正にそれ。

両親の別居を機に祖父母の家に引き取られると、あっと言う間に身長が20cmも伸びたというのだから、それまでの環境がいかに劣悪だったかわかろうという物です。

食べ物に関するエピソードは第1話でも登場しましたが、この弟はよく生き残れたと思います。

幼少期は言葉を覚えるのも、知能の発達も遅かったようですが、やはり栄養不足の影響でしょう(そして親のネグレスト)。こちらも祖父母に引き取られると、人並み以上になります。

姉の方は食べなくても平気だったそうですが、人間である以上大丈夫なはずはありません。多分感覚が麻痺していたんじゃないでしょうか?

感想

食べ物に関するエピソードは第1話でも登場しましたが、この弟はよく生き残れたと思います。

幼少期は言葉を覚えるのも、知能の発達も遅かったようですが、やはり栄養不足の影響でしょう(そして親のネグレスト)。こちらも祖父母に引き取られると、人並み以上になります。

姉の方は食べなくても平気だったそうですが、人間である以上大丈夫なはずはありません。多分感覚が麻痺していたんじゃないでしょうか?

”弟はいかにしてゴミ屋敷を生き残ったか”は漫画王国コミストRenta!ならレンタルで安く読むことが出来ます。

タイトルとURLをコピーしました