うちの母が毒でして18※ネタバレあり

うちの母が毒でして。「毒親からの逃げ方、教えてください!」

あらすじ

祖父が倒れたために母親が実家へ戻ると、その隙を狙って家を出るアカリ。

しかし、荷物を運び出して置き手紙を書こうとすると、突然動悸と息切れに襲われて手が動かなくなってしまいます。

原因は母親への恐怖。何度試してみても、手紙を読んだときの母親の反応を想像すると、恐怖で動悸と息切れが止まらなくなるのです。

結局置き手紙を書かずに家を出たアカリに、当然母親から電話が。着信拒否をすると、今度はメールが。

感想

母親への恐怖から置き手紙を書けない、と言うのが凄くリアルに感じます。普通の人には何でも無いことが、長年毒親の恐怖にさらされてきたアカリには出来ません。

勿論電話に出ることも、メールも件名を見るのが精一杯で、とても本文は読めない。

毒親漫画は他にも色々読みましたが、毒親には共通する特徴がいくつもあります。その一つは、恐怖による支配。

相手が子供の頃から恐怖によって縛り、そうして育った子供は成長しても親に逆らえなくなります。

これは一種の呪いです。アカリは何とか家を出ることまでは出来ましたが、未だに呪いは解けていません。

家を出たアカリの新生活は漫画王国で読めます。

うちの母が毒でして18
うちの母が毒でして18を漫画王国で読む
タイトルとURLをコピーしました