上越新幹線で停電

 9日午前7時42分頃、上越新幹線燕三条―新潟駅間の下りで停電が発生しました。
 この影響で、同区間では上下線とも運行を見合わせましたが、点検や架線補修を行って同午後4時20分に再開しています。また、越後湯沢発新潟行き「Maxとき481号」が乗客54人を乗せたまま立ち往生したため、通電している上り線で新潟駅から回送列車を向かわせ、乗客を乗せ替えて燕三条駅を経由して午前10時20分ごろ新潟駅に到着しました。

 この停電で同新幹線は上下線で計33本が運休、最大で約7時間の遅れが生じ、乗客約2万5000人に影響が出たと言うことです。原因は不明ですが、当時雪が降っていたことから降雪が原因との見方もあります。しかし、上越新幹線で雪が降るたび停電が起きていたら、とてもではありませんが新幹線がまともに走行することは出来ないでしょう。時間に正確で死者を出したことがないのが新幹線の大きな売りですが、例え死者が出ていなくても頻繁に止まるようでは信用ガタ落ちです。