オーストラリア政府、ファーウェイを5Gから締め出し

 オーストラリア政府は次世代の通信規格「5G」に、中国の通信機器大手ファーウェイが参入することを禁止したそうです。

 オーストラリア政府は23日の声明で、特定の国や企業の名前には触れずに「外国政府の影響が強いメーカーが関与すれば、同国の5Gネットワークを不正なアクセスや干渉から守れなくなる」と説明しています。

 アメリカ政府も政府機関で中国メーカーの通信機器を使用することを禁止、軍基地の売店で中国製スマートフォンの販売を禁止しています。

 中国の通信機器メーカーについては、以前から安全保障上の問題が指摘されていました。要するに、中国メーカーが中国政府の意を受けて製品にバックドアを仕掛け、スパイ行為に使われる恐れがある、と言うわけです。

 中国メーカーは、この様な懸念に何度も反論してきましたが、問題が問題だけにアメリカやオーストラリア政府は最悪の事態を想定して対応していると言う事でしょう。政府機関は、それくらいの緊張感を持つのは不思議ではありません。