Jリーグ史上初の無観客試合処分

 Jリーグは13日、J1の試合で浦和レッズのサポーターが人種差別とも取れる垂れ幕を掲げていた問題で、浦和にけん責(始末書の提出)と無観客試合の開催という処分を決めました。

 Jリーグが加盟クラブに無観客試合を科すのは初めてのことで、Jリーグの村井満チェアマンは「Jリーグと日本サッカー界全体のイメージを大きく毀損した」と処分理由を説明しました。無観客試合の対象となるのは、3月23日に埼玉スタジアム(さいたま市)で行われる、対清水エスパルス戦。

 問題となったのは、今月8日に埼玉スタジアムで行われた、浦和レッズ―サガン鳥栖戦。特に熱狂的なサポーターが集まることで知られるゴール裏の浦和サポーター観客席入場口に、「JAPANESE ONLY」と書かれた垂れ幕が掲げられていたもの。日本人のみ、といった意味で、”日本人以外お断り”という意味にも取れる。

 垂れ幕を掲げていた人物(複数)は特定されており、浦和はこのサポーターグループを無期限の活動停止とするとともに、同グループのメンバー全員を、浦和が出場する全試合で入場禁止とする処分を発表しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です