やりたい仕事の経験をつくる

 アルバイトをしている人の中には、いつか正社員になりたいと思っている人もいるでしょう。企業側としては実際に働いている姿を見ることでその人が企業にとって必要な人材かを見極めるいい機会になりますから、今の世の中では、はじめから正社員を目指して就職活動するよりも中途採用を目指す場合は近道のような気がします。

 でもこの場合だと、正規雇用の実績がある企業を選ぶことが前提になります。もしやりたいことが前々から存在していて、その方面での就職を希望していた場合は、あきらめなくてはいけないこともあるでしょう。正社員になるためなら仕方ないのかもしれませんが、少し寂しいですよね。そんな時に活用できるのが、短期アルバイトなのです。短期のものは長期と比べ、雇われる期間がはっきりとしているので、出来れば長い間雇ってもらって、安定した収入がほしい人には遠慮したいものかもしれません。

 しかしやりたいことが経験を優遇される職種だとしたら、長期のアルバイトや正規雇用とは違って、短期のアルバイトのほうが未経験者でも雇ってもらいやすいメリットがあるんです。しかも短期でも働いていたことには変わりないので、経験者として自分を売り込むことが出来ますし、なにより短期の場合は「雇用が満期終了したので次の仕事を探しています」と面接の時に応えられます。
 長期や正規だとどうしてやめたのかを深く突っ込まれることもたびたびありますが、それを回避できるのです。正社員になるための経験づくりとして、短期アルバイトは最適の手段だといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です