安倍首相、外遊日程を中止

 加藤官房副長官が首相官邸で記者団に明らかにしたところによると、東南アジアを歴訪中の安倍首相は、18日夕にジャカルタでインドネシアのユドヨノ大統領との会談と共同記者会見を行った後、帰国することを決めたそうです。
 19日未明、政府専用機で羽田空港に到着する予定で、インドネシアで予定していた外遊日程は中止されます。

 アルジェリア東部イナメナスの天然ガス関連施設で日本人などがイスラム武装勢力の人質となった事件の発生を受けて、邦人の安否確認などの対応に専念するためです。

 16日にアルジェリア頭部イナメナスの天然ガス関連施設をイスラム軽武装集団が襲撃、施設で働く現地のアルジェリア人と、日本人を含めた多数の外国人が人質となっています。情報が錯綜しており、武装グループの目的は定かでありませんが、隣国のマリに進行したフランス軍の撤退を要求している模様です。
 とにかくこの人質事件、アルジェリア政府の対応がグダグダで、情報が錯綜しています。安倍首相も気が気ではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です