選挙違反、9人逮捕

 警察庁が15日に発表した衆議院選挙の選挙違反取り締まり状況によると、14日現在で9人が逮捕されているそうです。
 さらに、投票終了後には約110件の本格捜査に着手する予定としています。容疑の半数以上が買収で、運動員ら約280人を取り調べる方針だという言う事です。

 選挙が終われば選挙違反の一斉摘発、と言うのが毎回の風物詩みたいなものです。主に落選議員の関係者が逮捕される、と言う話もありますが、必ずしもそうではないようです。
 しかし、連座制の適用までしているのに、それでも無くならないとは。さらなる厳罰化が必要なようです。

 その他ブログによる特定候補や政党への投票を呼びかけなど、インターネットを使った選挙運動に対する警告は30件となっており、前回の8件から大幅に増えています。最近は政党や立候補者も公式サイトを持ち、ブログやツイッターのアカウントを持つのが当たり前になってきました。それに伴選挙運動に対する警告も増えています。いこれも昨今の特徴でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です